【モデダイ】初公開! 元 ファッションモデル・早乙女 唯 が語る、カリスマモデルのスーパーダイエット!
 その驚きの方法とは!? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 続きを読む



 モデルのダイエット方法の秘密!

  スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

エコノミークラス症候群に注意

深部静脈血栓症は、エコノミークラス症候群と呼ばれている疾患です。以前、サッカー日本代表の高原選手が発症し、ワールドカップに出場できなかった話は、報道でも話題になりました。飛行機や自動車などの座席で、同じ姿勢を取り続けていると起こることで知られています。


代表的なエコノミークラス症候群の症状は、呼吸困難と胸の痛みです。そのほかにも、動悸、冷汗、チアノーゼ、血圧低下、意識消失などを起こすこともあります。また、発生した血栓が脳に移動して血管を閉塞させると、脳塞栓の症状を起こします。いずれも歩き出したあとに起こるのが特徴です。


座ったままの状態で下肢を圧迫し、静脈のうつ滞と水分不足による血液粘度の上昇がおこり、これが引き金となってできた血栓が、血管の壁に付着します。目的地に着いて席を立つと、長時間圧迫されていた足の静脈から血栓がはがれ、肺の血管を詰まらせるためエコノミークラス症候群となります。


血栓を予防し、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)を予防するには、長時間下肢を動かさない座ったままの姿勢を注意し、着席中でも積極的に足の運動をすることが大切です。また適度な水分を補給する、アルコールは飲みすぎない、服装はゆったりとする、などに気をつけます。


RSS関連リンク
肺塞栓症/エコノミークラス症候群
一般にはエコノミークラス症候群と呼ばれています。 エコノミークラス症候群は、飛行機の座席などで長時間じっとしていることが原因でおこります。 これはエコノミークラスだけに限られず、ファーストクラスとか新幹線、長距離バスなどの利用客にも同じ ...

エコノミー症候群
患者にはエコノミークラスの乗客が多いので、『エコノミークラス症候群』と呼ばれていたが、実際にはビジネスやファーストクラス、鉄道、車でも起きるため、今では『旅行血栓症』という名前で通っている。 肺動脈をつまらせる血栓は太ももの奥の方の静脈 ...

スポンサーサイト
 続きを読む



 モデルのダイエット方法の秘密!

  エコノミークラス症候群 トラックバック:0 コメント:0

| モデルのダイエット方法を探るTOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。